|

会社

Mühlenchemie 社:小麦粉に品質を組み込みます
小麦粉は自然の産物で、品質が変動します。しかし、ベーカリー業界では一定に保たれた品質が不可欠です。Mühlenchemie 社は小麦粉の規格化と改良に関して、巧妙な対策を提供します。それには、酵素システム、臭素酸塩の代用品、アスコルビン酸、酸化剤、ビタミンとミネラル混合剤、およびインスタント食品と「合成小麦粉」のための混合剤が含まれています。

国際的に有名な酵素剤「ALPHAMALT」、「POWERZYM」、「PASTAZYM」および「TIGERZYM」によって、小麦粉改良において指標となる解決策を発見しました。

お客様のご希望に集中します。

Stern-Wywiol グループの一部として、弊社は所有者が指揮し、コンツエルンから独立している企業です。そのために、私たちはお客様に完全に集中できます。
私たちは、弊社の経営哲学の柱である、簡潔な方法、迅速な決定および企業としての勇気に誇りを持っています。

Mühlenchemie 社はまず顧客指向のサービス業であり、その次に製造業であると自認しています。従って、お客様のご依頼によって、常に新しい革新的な製品と機能システムを開発しています。個人的な会話で新しい製品、および既存の製品の改良に関する希望と要求を確認します。問題を定義し、それを専門家と一緒に解決していきます。

弊社の研究所では明日の改革を開発しています

ハンブルク近くのアーレンスブルクにある技術センターには、弊社の研究開発活動がまとめられています。開発と応用研究の重点は、焼く技術、レオロジー、小麦粉の分析および穀物の分析です。小麦粉改良用の完全なポートフォリオ、それぞれの国に合わせた臭素酸塩の代用品、オーダーメイドの酵素システム、および世界の様々な地域における要求に対する、顧客指向のビタミンとミネラルの混合剤などが、最も成功した開発例です。

Mühlenchemie 社の製パン専門学校では、五大陸の様々なパン製造過程を模倣します。パン、バゲット、蒸しパン、パロータ、トルティッラ、クネッケパンまたはワッフルなどについて、実施条件を再調整し、お客様に合わせた解決策を見つけます。

私たちはノウハウを業界と共有します。

Mühlenchemie 社は小麦粉処理周辺のテーマについて、定期的に国際的な会議を開催しています。講演、弊社の定期ニュースレターおよび最新の研究結果は、弊社の
英語のサイト
に掲載されています。

私たちの考えと行動は国際的です。

Mühlenchemie 社の本社はハンブルクの北 30 キロのところにあるアーレンスブルクにあります。生産設備はヴィッテンブルク(メックレンブルク・フォアポンメルン)にあります。ヨーロッパとアジアでは、自社のオフィスが代表になっています。こうして、世界中で新しい市場を開拓し、どこでも最適な行動が可能です。サービス: